« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月21日 (金)

ありがとう

みなさん、今まで見守ってくださり、
応援してくださってありがとうございました。
ぼくは一足お先にぼくを造ってくれた神様の元に帰ります。
アルマさんに保健所から助けていただいて7年。
新しいお家に来て6年8か月と11日。
たくさんお散歩して、ごはんをおいしくたべて、昼寝しました。
お留守番もしなきゃいけなかったけど、
みんなちゃんと帰って来てくれた。
トリミングや一人でお泊りしなきゃいけなかったこともあったけど、
ちゃんと迎えに来てくれた。
アルマさんがぼくに新しい家族を見つけてくれたおかげです。

いろんな所にも行きました。
車に乗ったり、電車に乗ったり、自転車にも乗ったけ。
でも、自分の足で歩くのがやっぱり一番かな。
カフェでおいしいごはんも食べました。
高原の広い野原も走ったし、
海に沈む夕陽もながめました。
いつもひでとやえが一緒にいてくれて
ちゃんと帰るお家がありました。
 
本当にたくさん、たくさん、たくさん、たくさん、
数え切れないほどたくさんの幸せなことがありました。
アルマさんや応援してくれた皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。
 
離れてしまうのはさびしいけれど、
今度はぼくがみなさんを天国から応援しています。
だから、さびしいかもしれないけれど、
元気に頑張ってください。
 
本当に、本当にありがとうございました。
またね。
02  
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
11月20日午前4時45分、ぽんは造り主である神様の元に帰りました。
 
19日の朝、またごはんがうまく食べられず、前の晩もあまり食べられなかったので、病院へ行き皮下点滴でステロイド投与してもらいました。
以前のようにぐっと良くなったような感じがしなかったのですが、皮下点滴なので効きが遅いのだろうと思っていました。
夕方までいつも通りに過していたのですが、やはり不調が続いているので、夕方の散歩はトイレ程度で切り上げました。
おやつも普通に食べ、夕ごはんもたくさんではありませんが食べたのですが、食後、ウロウロ、ハアハアし始め、なかなか落ち着かなくあちこちにぶつかるので、落ち着くようにとケージに入れました。
1時間くらいしてもう落ち着いただろうと様子を見に行くと、おとなしく伏せをしていて、開けると自分から出てきました。
良かったと思ったのですが、後を追ってリビングに戻ると伏せをしてハアハアしています。
良く見ると舌が白っぽく、中心はくすんでいます。
これはおかしいと思いましたが、かかりつけの病院の診療時間はとうに終わっていて、いろいろ迷いましたが、夜間診療している所に行くしかないと、タクシーを呼びました。
とにかく病院に向かってもらいましたが、見る見るうちに容態が悪くなって、息が止まったんじゃないかという瞬間がありました。
タクシーの運転手さんが見かねて通りかかった動物病院に声掛けるだけ掛けて見たらと勧められ、飛び込みました。
運良く先生が残っておられました。(入院中の患者さんを見るためでいつもいないそうです。運転手さんにも感謝です。)
突然でしたが、見てくださり、即、気管挿管となりました
少し落ち着いた所で、今の状況を聞き、今までの病状を聞いていただきました。
診断の結果、急性心不全による肺水腫。腎臓が片方しか機能していないとなると治療の過程で腎不全を起こす可能性が高く、かなり難しい状況ということでした。
急きょ、夫に連絡を取り、戻って来てもらいました。
病院に駆け込んで約8時間、肺の水を抜く処置を懸命にしていただき、ぽんも本当に良くがんばって自発呼吸が戻り、一時はもう少し肺の機能が戻れば酸素室に入れるところまで行きましたが、戻りきれませんでした。
突然駆け込んだにもかかわらず、先生方には良くしていただいて、最後まで一緒に居させていただきました。
意識が戻る瞬間もあり、家族3人で最後までがんばることが出来ました。
 
不調が続いていたとはいえ、まだまだ治療が続くと思っていました。その為の対策も考えないとと思っていた矢先のことで、あまりに突然で残念です。
でも、最後までお散歩をして、ぽんらしい最後の日となりました。
ぽんも本当に最後の最後まで良くがんばってくれました。
 
家に帰って、いつものベットに寝かせてあげると本当に寝ているようで、その内グフグフ言い出しそうで、伸びをして起きてきそうで、このままでは手離せなくなると思い、その日のうちに火葬することにしました。
早めに家を出ていつもの散歩コースを車で走ってから斎場に向かい、午後4時、ぽんの体も天にお返ししました。
 
今は何を見ても涙が出ます。でも、悔いはありません。
もっと一緒にいたかったと思いますが、神様が決められた時と受け止めています。
何よりもこの6年8カ月と11日、ぽんと一緒に過すことが出来たこと感謝しています。
ぽんが来て最初の数カ月はどうなることかと思いました。その後もいろいろどうしたらいいか分からないこともありましたが、「ぽんがいてくれてよかった」と思うことばかりです。
ぽんと出会わせてくださったアルマの皆さん、神様に感謝しています。
本当にありがとうございました。
一頭でも多くの保護犬・保護猫が幸せになることが出来るように願いつつ。
byやえ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

新しいごはん

ごはんの時、毛が入っちゃうのでエプロンをつけてもらいました。

なんか、首長族みたい…
でも、かわいいでしょ?
01
 
新しいごはん結構おいしいです。
02
がんばってたべてまーすdog
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
前足の踏ん張りがきかないせいなのか、食べているうちにどんどん前のめりになってしまって、毛がごはんに入ってしまうようで、食べ終わると大変なことになっているので、トリミングの時にもらったバンダナをつけてみました。
今日からロイヤルカナのPHコントロールを食べさせています。昨日の注射が効いている可能性も高いのですが、今のところ順調に食べています。お試し用にもらったドライも問題なく食べました。
さて、明日はどうかな…
byやえ
 
 
 

| | コメント (0)

2014年11月13日 (木)

注射

またごはんがうまく食べられなくてdown
また注射されちゃいましたdowndown
02_2
でもおかげでごはんが食べられるようになりましたup
今のごはん美味しくないって言ったら、新しいごはんを紹介してもらいました。
お昼にちょっと食べたらなかなかおいしかったupup
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
健康診断のご報告をしたばかりなのに・・・
月曜、火曜とうまく食べられず、のどのあたりをさすったり、ぽん自身もペロペロしているうちに何とか完食はできたのですが、昨日も途中であきらめてしまい、夕方から出掛ける用事もあり、受診できるうちにと早めに病院へ行ってきました。
前回より更に効きの良いという注射をしてもらい、帰宅後は見違えるような食欲を見せていました。
が、今朝もスープだけしか食べず、どうしようかと思っていたら、食べたそうにはしていたので、ぽんの大好きなおやつをあげてみました。
なんと、ものすごい勢いで食べ、食べ方もスムーズ、しかももっとという顔。ごはんにのせてあげるとごはんも完食しました。
結石用のごはんがどうしても好きになれないようです。
今日も受診するように言われていたので先生にご報告。
好き嫌いの問題もあるもののうまく食べられないことがあったことも事実なので、ステロイドを1日1回から1日2回に増やすことになりました。
結石用のごはんも他メーカのものを試すことになりました。
これで何とか安定してくれるといいな~。
byやえ
 
 

| | コメント (0)

2014年11月 8日 (土)

健診結果

健康診断に行ってきました。

01

いろいろ言われちゃったけど、とりあえずお薬は今のまま。

あー、疲れた。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
目、口、鼻、歩き方から血液検査、尿検査、レントゲンにエコーとフルチェックしてもいました。
 
 1.目は見えているが距離感がつかめていない。
 2.歯肉炎がある。
 3.前足を跳ね上げるように歩く。
 4.踏ん張りが利かない。
 5.背骨が曲がって来ている。
 6.右腎臓出口に結石があり、詰まっていて右腎臓は機能していない。
 7.左腎臓にも結石はあるが、正常に機能している。
 8.心臓に逆流がある。
 
とまあ、普段感じていることから予想していなかったことまで、いろいろ出てきました。
 
診断としては・・・
 ・右腎臓出口の結石は大学病院レベルの手術が必要で、寝吠え・遊泳運動等から脳に何かしらあるとなると全身麻酔はリスクが高く、尿検査では異常がなく左腎臓で賄えていることから現状維持が良いのではないか。
 ・心臓は薬を始めても良いとも思われるが、咳や散歩でへばるなどの症状がほとんどないこと、飲み始めた血栓の薬でも心臓の負担を軽減できることからしばらく様子を見ても良い。
 ・背骨の曲がりは年齢的なものと思われる。踏ん張りが利かない、ふらつくというようなことに影響しているとは思えない。(前足にも出ていることから)
 ・寝吠え・遊泳運動・舌の動きの異常・ふらつきなどは、他に要因と言えるものが見つからないことからやはり脳からきていると思われる。
 
と、いうことで、最終結果としては、「今服用しているステロイド、血栓の薬、痴呆症補助薬を続けて様子を見る」ということになりました。
最終的には現状維持なのですが、いろいろ心配な点が出て来てしまいました。こまめにチェックしていくしかないようです。
byやえ
 
 
 

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

お留守番

あれ?まだいたの?

01
なんだ、もう寝ようとしてたのに。
まあ、とりあえず、いってらっしゃいdespair
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
昨日は出かける支度をしている私の周りをウロウロしていたと思ったらいつの間にか自らケージにINしてました。
しかも本当に寝かけていました。
うちに来た頃はケージに入れるのも一苦労だったのに・・・
 
今日は先週もらった薬がなくなりそうだったので病院へ。
その後の様子を聞いてもらって「しばらく薬を続けましょう」となって終わりかと思いきや・・・
「じゃあ、一応心音聞かせてねぇー・・・あれ?」
心雑音が聞こえるということで薬を勧められたのですが、来週、結石のチェックを兼ねて健康診断してもらおうとしていたので、それを早めて土曜日に改めてしっかり健康診断していただいて決めることになりました。
薬が増えそうですが、ご飯もちゃんと食べられていますし、散歩も楽しんでいます。遊泳運動、寝吠えもかなり収まっています。
byやえ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

その後2

ごはんをおいしく食べられるって幸せなことだね。
02
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
病院でもらって来た栄養ドリンクはあまり好きじゃないみたいなので近くのスーパーでわんこ用の流動食というのを買ってみました。
コーンスープ味なんですが、気に入ったみたいです。
夕方の散歩の後、おやつ代わりにいつものごはんにかけて上げて見るとペロリ。
食べ方も異常なくスムーズに食べていたので食べられる時にと薬を混ぜておかわり。
まだ食べたそうでしたが、後でごはんがあるので3杯目はなしです。
これで少しカロリーも取って減った体重が維持できるといいのですが。
ご心配お掛けしていますが、順調に回復しています。
byやえ
 
 
 
 

| | コメント (0)

その後

昨日はおやつがうまく食べられなくてちょっとびっくりしたけど、病院に行って注射してもらって、今日は食べられるようになりました。

01
いつものごはんにお水と病院でもらって来た栄養ドリンクを混ぜてお粥みたいにしてもらいました。
すっごくお腹がすいてるのにちょっとしかもらえないなんて
って思ったら、おかわりが出て来ました。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
昨日、舌がうまく動いているようだったら食べさせてもいいと言われていました。
今朝、起きてくる時に舌で鼻をペロッとしながら出て来たので、まずは水を飲ませ、咽ることもなく飲めたので、ヨーグルトを小さじ2杯くらいあげてみました。
リズム良く食べたので、そのことを病院で報告したら食べさせても大丈夫でしょうとお許しが出ました。
ステロイドを注射してもらい、栄養ドリンクをもらいました。
脳梗塞の疑いもあるので、血栓予防の薬で様子を見ることになりました。
病院から帰ってからは写真のようなお粥状態の物を写真の量の3倍食べ、昼はもう少し水分を減らした物を食べました。
とりあえず、問題なく食べられるようになったので一安心です。
少しずつ量も戻るといいなあと思っています。
 
 
 

| | コメント (0)

2014年11月 3日 (月)

卒業犬オフ会

今日は久しぶりにお世話になったkeikoさんに会いに行ってきました。

01
 
お天気も程良くオフ会日和。
02
 
ゲームタイムもありました。
飼い主さん目指してよーいドン!
03
 
04
ぼくは見学でした。
 
途中陽射しが強くなってちょっと日陰に避難。
05  
 
ちょっと疲れてまったり。
06
 
たくさんのワンコとあいさつしたけど、だれがだれやら・・・
でも、みんな「新しいお家で楽しく暮らしているよ」って言ってたよ。
 
ぼくに新しいお家を探してくれたkeikoさんとJennyさんと記念写真。
08
お顔カットでごめんなさい。
いっぱいナデナデしてくれてありがとう!
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ぽんがお世話になった犬猫保護団体アルマさんの卒業犬オフ会に行ってきました。
毎年行われているのですが、なかなかスケジュールが合わず、3年ぶり(私の記憶が正しければ)の参加でした。
このところいろいろ変化があって、ご心配をおかけしていたので元気な顔を見せられてうれしいひと時となりました。
しかも!なんと撫でてもらえた!正面からでも逃げず、怒らず撫でてもらえました。
マイルドぽんをご披露でき、良かった良かった。
 
と、良い後報告で終えようと思っていたのですが、 
夕方のお散歩前におやつを上げたらなかなか食べられず、食べても噛めないのか、飲み込めない様子で、このままではごはんが食べられないと即病院へ。
あごや歯には異常がなく、舌がうまく動かせていないために食べられないのだろうと言われました。
脳梗塞の疑い有りとのことでしたが、舌がうまく動くようにならないことには薬を服用することも出来ないので、とりあえず、ステロイドの注射と皮下補液で様子を見ることになりました。
帰宅して約3時間、病院では内側に折れた状態になっていた舌も普通に戻ってお水を少し飲めるようになりました。
食欲も出て来たのにかわいそうですが、今晩はごはん抜きです。
明日、また病院で状態を見てもらって今後の治療の相談です。
 
また心配なご報告になってしまいましたが、ご飯が食べられないこと以外は元気です。病院の行き帰りも元気にお散歩でした。本犬はなぜごはんがもらえないのか不服そうです。
byやえ
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »