« 2014年12月 | トップページ

2015年4月

2015年4月 3日 (金)

お客さま

止めたつもりはなかったのですが、放置になってしまいました。

その後のことをポツポツ更新していこうと思っています。

 

ぽんの後輩フラン君がこはるちゃんと遊びに来てくれました。

04

左が、フラン君。
ぽんより半年くらい後にアルマに保護され、同じボランティアさんの元で新しいお家探しをしました。

右は、こはるちゃん。
今まさにそのボランティアさんの元で新しいお家探し中です。
飼い主の持ち込み、14才の女の子です。

 

お昼に来ていただいたのでまずはお食事タイム。

01

鶏肉とキャベツ、ご飯を煮ただけですが、気に入ってくれたようです。

 

食べ終わって満足げなこはるちゃん。

02
ちょっと斜に見るとぽんに似ています。
ぽんよりちょっとシュッとしてるかな。

 

おねむなフラン君。

06

器用にクレートに寄りかかって寝ようとしてます。
ベッドも用意しておいたのでゆっくり寝てくれていいのですが、やはり初めての所では無理ですね。

 

こはるちゃんは、ちょっと床でトライ。

07

でも、完全には寝られなかったようです。

外が気になるのか、眺めるのが気に入ったのか、よく覗いていました。

03

お散歩に行きたかったかな。

 

思いがけず、タイルクラフト体験。

05

フラン君の飼い主さんはタイルクラフトの先生。
わざわざ材料持参で教えてくれました。

 

たくさんお話をさせていただきました。
来られる前はいろいろ思い出して辛くなっちゃうかなと心配していたのですが、思ったほどではなく、犬のいる生活ってこうだったかなと。
大分癒えてきた証拠かもしれません。

しかし、殺処分が減っているのに、心ない飼い主が減らない現状にため息が出ます。
きちんと最後まで飼われている方も、小さな命のために献身的な人もたくさんいます。
それでも、今飼われている犬が、またペットショップから買われて行く犬が、最後までその家で安心して暮らせるようにと祈らずにはいられません。

犬に限らず、生き物を飼おうとする方は最後の時を一緒に迎えて欲しいと思います。
そして、ペットショップへ行く前に保護犬という選択肢も考えてみて欲しいと思います。

 

フラン君、こはるちゃん、楽しい時をありがとう!

 

 

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ